www.ecspartners.org

ケアマネージャーになれる職種

ケアマネージャーになれる職種

ケアマネージャーの試験を受けるには、医療・福祉の現場で5年以上実務経験があることが条件となっています。そのため、さまざまな資格の、さまざまな仕事をしてきた人、さまざまな現場を見てきた人が集まってくるのです。
とはいえ、ケアマネになる人は日本では看護師、介護福祉士の割合がけっこう高いようです。必然的に、女性が多くなります。その点、他国では相談員(ケースワーカー、社会福祉士など)がケアマネになることが多いそうです。これがおすすめケアマネージャーになるにはに書いてあります。

 

はっきり言えば、ケアマネージャーの仕事には相談員のほうが向いていると思います。さまざまな人の話を聞き、その人の全体像を評価し、相談に乗り、また他職種をまとめるといったケアマネージャーの業務は、相談員のほうがそのもともとの業務内容と近いので、より自然ではないかと思います。
それに、看護師や介護福祉士が試験に受かっても、もともとの仕事をしていたほうが、ケアマネージャーになるより稼げる場合が多いのが現状です。これではモチベーションも下がるのではないかと思えます。
ケアマネージャーの立場、発言権や地位は、歴史も浅くなかなか難しいものです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ